2017年4月14日 (金)

南東野球定期戦

球春到来!
4月22日(土)、第56回山形東高・山形南高野球定期戦が行われます。
多くの皆さまのご声援をお願いいたします!

4月22日(土)
山形市野球場(霞城公園内)
9:00~ OB戦
12:20~ 開会式
13:00~ 現役戦
※山形南高校は三塁側です。

2016年11月28日 (月)

選抜21世紀枠山形県推薦校

この度、春・秋の県ベスト8、文武両道の実践、他部とのグランド共有という限られた環境の中での活動などが評価され、選抜21世紀枠山形県推薦校に選出され、山形県高野連より表彰していただきました。本校としては14年ぶり2度目です。

自信と誇り、そして責任を胸に、6回目の甲子園出場を目指し、一層努力を重ねてまいります。応援よろしくお願いいたします。

Photo


Photo_2


2016年11月 4日 (金)

すべての大会終了、秋県ベスト8・1年生大会県3位。

10月29日・30日の1年生大会をもって、今シーズンの大会はすべて終了しました。ご声援ありがとうございました。

 

秋季県大会

1回戦  山形南 3-0 羽黒 (延長10回)

☆サヨナラスリーランHRで劇的勝利。

2回戦  山形南 5-0 新庄北

☆エースが2試合連続完封勝利。

準々決勝 山形南 2-5 日大山形

★粘りの戦いも敗戦。ベスト8。

 

1年生大会県大会

1回戦  山形南 9-0 鶴岡南

     ☆エースが力投、打線もつながり勝利。

準々決勝 山形南 9-3 米沢興譲館

     ☆打線好調、投手も踏ん張り勝利。

準決勝  山形南 4-8 酒田南

     ★すべてが噛み合わず、最終回に意地を見せるが力負け。第3位

 

6回目の甲子園出場を果たすため、このオフシーズンを徹底して戦い抜きます。

今後も応援よろしくお願いいたします。

 

①  大声で勝利の校歌を歌う。

Photo_5


②  今年のチームテーマ「姿勢~走姿顕心~」

Photo_6


③  1年生大会県3位。

Photo_7


2014年3月 1日 (土)

平成26年2月 日々の練習その17・・・エルゴメーター導入しました。

 南高野球部OB会のご尽力によりトレーニング用のエルゴメーター2台がこのたび導入されました。まずはOB会の皆様に、部員一同・顧問から心より感謝申し上げます。ありがとうございました。同時にこのたびの機材活用はじめ、気持ち新たに徹底的にトレーニングを行い、効果的に体力増強に努めていくことを誓いたいと思います。今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。早速ですが使用した報告をさせていただきます。

 エルゴメーターはボートを漕ぐような動きでトレーニングをする機材です。繰り返すことによって基礎体力・筋力・心肺機能など様々なトレーニングを幅広く行うことが出来るようになります。搬入早々、部活動で活用させていただいております。早速“5,000mを20分で漕ぐ”ということを目標に設定してトレーニングに組み入れました。まだ慣れていないため、いきなりのタイムクリアは出来ないものの、選手は意欲的に取り組んでいます。「どこに響く?」に対し「腹筋」「太腿」「全身」などと彼らは答えておりました。

①2台のマシンが並んでいます。

2

②ボートを漕ぐ動作に似ています。

Photo_27

③いったん前に戻ります。

Photo_26

④また脚と腕を使って引っ張ることの繰り返し。

Photo_25

⑤正しい姿勢でリズミカルに。

Photo_24

⑥トレーニング終盤。設定した目標に近くなりました。

Photo_23

⑦3,039mで13分48秒経過。

30391348

⑧続きのグループ。

Photo_22

⑨最後は本当にぐったり。

Photo_21

⑩「あともう少しだ。」と声が飛びます。

Photo_20

⑪ラスト一漕ぎ!!

Photo_19

平成26年2月 日々の練習その16

 久しぶりの大雪の後、山形では気温の低い日が続いています。雪も30センチほど残っています。そんな中、監督が車でベース近辺の雪を踏み固めてくれました。ベースランニング用です。ボールや内外野の守備を入れてはいませんが、みな真剣に取り組んでいます。 “エアベーラン”とでも表現すれば良いのでしょうか。1・3塁コーチャーの指示、自分の判断に基づき、どう走ればよいか考えて取り組んでいます。春以降の実戦で、良い走塁が出来ればと思います。

   「実践まであと何日・・・。」と考えますがまだ2月、雪降る季節です。このブログを見ている方(家族や親戚、南高野球部目指す小・中学生など?)は、「毎回似たような写真が多いかな」と感じているのではと思います。しかし、この継続こそが力になると信じています。春以降、良い意味でかつ良い結果を残して振り返りたいものです。

①ランニング後、まずはストレッチ。

Photo_18

②彼らの後方、監督の車が雪を固めています。。

Photo_17

③ベースランニング用コースが完成しました。

Photo_16

④大きな声でベースランニング開始。

Photo_15

⑤「ゴー!!」「ストップ」本番同様。

Photo_14

⑥こういう練習は気分も盛り上がります。

Photo_13

⑦「ゴー」のアクション。

Photo_12

⑧「抜かれるぞ」「抜けー」の声が飛び交う。

Photo_11

⑨すぐさま打者となってまたベース上に。

Photo_10

⑩千歳山の麓、この環境で出来ることに感謝します。

Photo_9

⑪雪上キャッチボール。

Photo_8

⑫外でボールを使うとやはり気持ちが高ぶります。

Photo_7

⑬投げ方について指示が飛びました。

Photo_6

⑭雪上連係プレー。

Photo_5

⑮「この場合はこうやろう。」と仲間と会話します。

Photo_4

⑯OBの方が激励に来てくださいました。

Ob_2

⑰OB会からエルゴメーターいただきました。詳細は後ほど。

Ob

2014年2月23日 (日)

平成26年2月 日々の練習その15

 本校ビニールハウスのブルペンでは投手陣の投げ込みが始まりました。審判講習会などもあり、地区内の他の高校でも相当早い段階から始めているかもしれません。まずは昨秋の実戦時の感覚を戻すこと、無理をしないことです。直球を中心に徐々に感覚を、そしてこの冬どの程度成長できたかを見ていっているようです。野手組は監督のメニューに従い徹底的に振込み、体幹トレーニングなど行っています。

 また、3年生で進路が確定した部員も最近練習に参加してくれています。ノック、バッティングも含めてアドバイスを送るなど大変ありがたいことです。現在、国公立大学入学試験真最中です。この時期を乗り越え、またグラウンドに顔を見せて欲しいと思います。

①野手組は元気に、時には黙々と打ち続けます。

Photo_26

②一点集中。

Photo_25

③秋の試合以来。無理をせず少しずつ調整します。

Photo_24

④「回転はどう?」など一人ひとりのこだわりがあるようです。

Photo_23

⑤体が温まり乗ってくるとペースが速まります。

Photo_22

⑥一つ一つの動作を確認しながら投げていきます。

Photo_21

⑦時折変化球も試します。

Photo_20

⑧相当力がこもって来ました。

Photo_19

⑨的確な感想やアドバイスが求められます。

Photo_18

⑩外野組は体幹を鍛えています。

Photo_17

平成26年2月 日々の練習その14

 冬期間はいろいろと工夫されたメニューが存在します。各高校それぞれのスタイルがあると思います。狭いビニールハウスにおいてノックで守備練習をするときは、打つ位置を微妙に変えたり、守備陣の位置をずらしたりしながら行います。本当に狭い空間ですので、次の順の部員を始め前の打球に対しても連動して体を動かしながら打球を追っています。ビニールハウスはいろいろな練習を行っているため凹凸が大きくなります。また整備はしているものの、思わぬ“ネコ侵入”なども起きており、整備に苦労している面もあります。

 この野球部ブログでは成長面などを主に取り上げるようにしています。しかし、まだまだ他校に追いついていない面もあると思います。他校がグーンと力を付け、差が詰まっていないかもしれません。いずれにしても今は、まずは自分たちがどうすべきか・どう実行するかが最も大事です。これからも温かく見守っていただければ幸いです。

①ノッカー、すごくいい表情しています。メンバーを乗せていきます。

Photo_16

②「どう捕るか?」一つのボールに全員集中。

Photo_15

③一球一球が貴重。他の選手の打球でもバウンドにあわせ反応します。

Photo_14

④ノッカーも選手にあおられ乗ってきました。

Photo_13

⑤凹凸の大きいビニールハウスです。

Photo_12