2017年9月12日 (火)

南高祭図書委員企画「古本市」!

 8月27日(日)、南高祭一般招待日に、図書館で「古本市」を行いました。

 

  9時の開店と同時に、多くのお客さんで賑わいました。

昨年と同様好評で、沢山の方が本と出合い楽しまれたようでした。

 

この古本市を開催するにあたり、本を出品してくださった先生方、生徒の皆様、ありがとうございました。

また、いろいろとご協力いただいた方々もありがとうございました。

 

また、来年もよろしくお願いいたします。

  

 

①南高祭1週間前からお昼休み、放課後に作業する古本市係 

Photo_5

②値札作り中

Photo_6

③外から見えるよう大き目のポスターを作っています

Photo_7

Photo_8

④今回一手にポスターを書いてくれたY君。細かく書き込んでいる…すごい!

Photo_9

⑤こちら、セットで売る本を包む紙を細長く制作中

Photo_10

⑥図書館前に置くボードに書き込み中。 「…どう書こうかな」

Photo_11

⑦今年も沢山来てくれました。

Img_0469

Img_0470

Img_0478

Img_0483

Img_0485

Img_0491

⑧卒業した先輩がたくさん購入してくれました!

Photo_12

⑨古本市に足を運んでくれた皆様、ありがとうございました!

Photo_13

2017年7月12日 (水)

図書委員研修会 第1回読書会

 7月4日(火)、図書委員研修会 第1回読書会が行われました。

昨年に引き続き、ビブリオバトルに挑戦です。

 

 流れは以下の通りです。

・図書委員各自、自分が読んで面白かった本を持って集まる。

・6つのグループを作り、それぞれのグループ内で順番に一人3分間(公式ルールは5分間。今回は3分間のミニ・ビブリオバトル。)本の紹介と、その後ディスカッションを2分間行い、全ての発表が終了した後、「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を行い、グループ代表を選出。

・選出された6人でビブリオバトル決勝戦を行い、最後に投票、「チャンプ本」を決める。

①開会Photo

Photo_2 ②ビブリオバトル開始

Img_0340 生徒会長が飛び入りで参加してくれました!

Photo_3

Img_0343

Img_0366

Img_0361

Img_0351

Img_0369

Img_0359

Img_0347

Img_0356

Img_0379

Img_0392

Img_0374

Img_0382

Img_0378

今回のビブリオバトルは投票の結果、

チャンプ本に『社会人大学人見知り学部卒業見込み』(若林正恭 著)が、

準チャンプ本には、

『暗黒グリム童話』(多和田葉子ほか 著)

『世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉』(佐藤美由紀 著)

『キノの旅』(時雨沢恵一 著)

『コーヒーが冷めないうちに』(川口俊和 著)

『この素晴らしい世界に祝福を!』(暁なつめ 著)

が、選ばれました。

 

「話すのが難しかった」

「本を自分の言葉で伝えるのが非常に難しかった」

との感想がありつつも、

「自分の知らない話をたくさん聞けました」

「普段読まないような本の話が聞けて面白かった」

「読みたくなった本がたくさんあった。時間があれば読んでみたいと思う」

と、人から本を紹介される面白さを感じ、その紹介を聞いて自分も上手に紹介したい・したかった

という気持ちになった読書会でした。

2017年5月17日 (水)

図書委員による本の選定・買い出し

5月8日(火)放課後16:00から、市内書店にて、図書委員による本の選定・買い出しを行ってきました。

① 現地集合。 

Photo_3

② お店の人に挨拶中。

Photo_4

③ 買い出し開始。

Photo_5 

Photo_6 ▲「これは…?」手にとってみます。

Photo_7 ▲「これ面白かったぞ」そう話しているかもしれません。

Photo_8 ▲「どれする?」「どれする?」

Photo_9 ▲じっくり選びます。

Photo_10 ▲なにか見つけたでしょうか?

Photo_11 ▲「ほうほう…」「ふむふむ…」

Photo_12

▲もう少し入る予定です。

Photo_13

④本日の買い出し終了。お店の人にお礼です。 「ありがとうございました!」

図書委員の選んだ本は5月下旬ごろに図書館だよりで紹介しますので、 楽しみにお待ちください。

2016年12月19日 (月)

図書委員研修会 第2回読書会

12月6日(火)14:00から、図書委員研修会第2回読書会を行いました。

読む本は、第1回読書会 ビブリオバトルで準チャンプ本となったうちの1冊『○に近い△を生きる』(鎌田實 著)です。

 

流れは、

・テキストを読む。

    ↓

・付箋に気になったこと(感想・疑問・キーワード等)を記入して、模造紙に貼っていく。

 貼った後は、似たようなもの同士まとめてみる。

    ↓

・付箋を基にグループで話し合う。

と、いうように進めました。

 

写真① 静かに読んでいます。

Photo


Photo_2


写真② テキスト読みが終わり、付箋に記入タイム突入です。

Photo_3


Photo_4


Photo_5


写真③ 付箋をまとめながら話し合いが始まりました。

Photo_6


    「ガンプラを…」「ラーメンは…」「居眠りは…」

Photo_7


Photo_8


Photo_9


Photo_10


Photo_11


写真④ 途中、他のグループの話し合い・付箋を見に行くタイム。

Photo_12


「どんなこと書いた?」

写真⑤ 最後はグループで話し合ったことを発表して終了しました。

Photo_13


Photo_14


Photo_15


Photo_16


Photo_17


Photo_18


2016年11月11日 (金)

村山支部図書委員研修会に参加してきました。

 11月4日(金)、山形市霞城公民館で行われた村山支部図書委員研修会に委員長と書記の2名が参加してきました。

 

研修内容は「まわしよみ新聞」です。

1.新聞を読み、自分の興味のある記事を切り取っていく。

2.グループ内で、切り取った新聞記事の紹介。

3.模造紙に記事を貼り、コメントや絵を書き込み、「まわしよみ新聞」を作る。

作った後は、隣のグループと交換で自分たちの新聞を紹介しました。

 

 山形南高校図書委員は、Bグループ。寒河江工業高校さんとグループを組みました。

お互いに記事を紹介する時間では、それぞれの記事に関してお互いの感想を話し合い、少し脱線しつつ、戻ってきて・・・と、とても盛り上がりました。

 

①    新聞をまわしよんで、記事を切り取り中。

Photo


②    「・・・これもいいな」(ジョキジョキ✂)

Photo_2


③    「なるほど」

Photo_3


④    集中して読んでいます。

Photo_4


⑤    グループ内で選んだ記事を紹介しあいます。

とても盛り上がりました。

Photo_5


Photo_6


Photo_7


⑥    「まわしよみ新聞」作成中。

どこにどんな記事を置くのか、どんなコメントを書くのか決めました。

Photo_8


⑦    お隣のグループに自分たちの新聞を紹介中。

「この記事はですね・・・」

Photo_9


Photo_10


⑧    最後に作った新聞を持って写真撮影。

「この新聞を作りました!」

Photo_11


2016年9月16日 (金)

南高祭図書委員企画「古本市」!

8月28日(日)南高祭一般招待日に図書館にて、「古本市」を行いました。

 

9時の開店と同時に、多くのお客さんでにぎわいました。来てくれるお客さんにどのような本があるのかよく見てもらうために、配置を考え何度も並べ替えたりしました。また、今年は昨年度好評だった塗り絵のスペースを拡大することにもしました。

そのおかげか、多くの方がどんな本があるのか見に来て、購入してくださいました。また塗り絵コーナーも昨年同様好評で、たくさんの方が楽しまれたようでした。

 

この古本市を開催するにあたり、本を出品してくださった先生方、生徒の皆様、ありがとうございました。また、いろいろとご協力いただいた方々もありがとうございました。

また、来年もよろしくお願いいたします。

 

 

①    事前準備の確認中+お花を作っています。

Photo_8


②    作っていた値札をつけていきます。

Photo_9


③    テーブルクロスを敷いていきます。明るく見えるといいなぁ!

Photo_10


④    3回で古本市をしているということが、外からでも見えるようアピールします。

Photo_11


⑤    「これをこっちに・・・」「いや、それはこっちに・・・」「うむむ」

ひとつひとつ、本の配置も真剣に決めました。

Photo_12


⑥    廊下に置いて目立つように、大きくカラフルに書きました。

Photo_13


⑦    会計場所と入り口の飾り付けが終了です。

1_3


2_3


⑧    開店時間になりました。たくさんのお客さんが、じっくりと見て、購入していってくださいました。

ありがとうございます。

1_4


2_4


3_2


4_2


5_2


⑨    塗り絵コーナーも盛況でした。

Photo_14


2016年7月11日 (月)

図書委員研修会 第1回読書会

7月5日(火)、図書委員研修会 第1回読書会が行われました。

今回は、ビブリオバトルに挑戦です。

 

流れは以下の通りです。

・図書委員各自、自分が読んで面白かった本を持って集まる。

・6つのグループを作り、それぞれのグループ内で順番に一人3分間(公式ルールは5分間。今回は3分間のミニ・ビブリオバトル。)本の紹介と、その後ディスカッションを2分間行い、全ての発表が終了した後、「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を行い、グループ代表を選出。

・選出された6人でビブリオバトル決勝戦を行い、最後に投票、「チャンプ本」を決める。

 

決まった時間内で、自分が面白いと感じた本を紹介すること、自分が読んだことのない本を紹介されることはなかなか機会がないはず。上手く話せたり、なかなか上手くいかなかった部分があったり、話す機会のなかった人との交流など、新鮮な思いだったのではないでしょうか。楽しんだようで、笑顔がたくさん見受けられました。

 

☆ 図書委員研修会ですが、「見学は誰でもOKでもいいのでは?」という意見がでましたので、ポスターを作成、掲示。


1


2

 

①    開会式


Photo_12


②    ビブリオバトルの説明

Photo_13


③    グループ内でのビブリオバトル

1_2


2_2


3


4


5


6


7


8


9


10


11


12


13


14


15


 

各グループのビブリオバトルの結果、

・『ラブオールプレー』小瀬木麻美 著

・『空想科学読本⑰』柳田理科雄 著

・『塩の街』有川浩 著

・『ボートの三人男』ジェローム・K・ジェローム 著

・『黒ねこサンゴロウ/霧の灯台』竹下文子 著

・『スカイ・クロラ』森博嗣 著

が、選出されました。

 

④    全体でのビブリオバトル


1_3


2_3


3_2


4_2


5_2


6_2


⑤    投票用紙回収、集計。

Photo_14


⑥    投票結果発表。

Photo_15


 

投票の結果、図書委員研修会第1回読書会ビブリオバトルのチャンプ本は『スカイ・クロラ』に決定しました。

発表後、決勝戦に出た人には賞品が渡されました。

 

⑦    閉会式

Photo_16


2016年5月13日 (金)

平成28年5月 図書委員研修会 図書委員による本の選定・買い出し

5月6日(金)16:15から17:00まで、市内書店にて、図書委員による本の選定・買い出しを行いました。普段は自分たちで図書館に置く本を選ぶことがないので、どの本にしようか楽しみながら、様々の分野の本を選んできました。

 

図書委員が選定した本はなるべく早く南高図書館に並べたいと思います。図書館だよりで紹介しますので、その時はどんな本があるのか図書館に来て実際に見てみてください。

2


3


4


5


6


2016年5月 6日 (金)

平成28年4月 山形県立図書館に訪問

4月29日(金)図書委員長と副委員長2名が山形県立図書館に、3月に完成した図書館報『檸檬』を届けに行きました。

山形県立図書館の館長、小関さんにお渡しすることができました。

20160429


2015年5月29日 (金)

平成27年5月 図書委員による本の選定・買い出し

 5月7日(木)16:15から17:10まで、市内書店にて、図書委員による本の選定・買い出しを行いました。予算は5万円で、様々な分野の本を選びました。

 普段は自分で選ぶことをしていないので、大変充実感があるようでした。本が実際に学校の図書館に並ぶのは、6月下旬ごろになる予定です。たくさんの利用をお待ちしています。

20150507_165855

20150507_165906

20150507_170040




平成27年5月 第1回読書会

 5月21日(木)14:45~16:15 第1回読書会を行いました。

 テキストは「幸福な食卓」(瀬尾まいこ著)で、5人ずつのグループで役割分担(コネクター、リテラリー、ルミナリー、イラストレーター、クエスチョナー)をして、読み進め、話し合いを深めました。

 

 自由で穏やかな雰囲気の中、それぞれが考えたことを話し合い、お互いに様々な感じ方や考え方があることがわかり、大変有意義な時間を過ごすことができました。

 グループでの話し合いの様子と発表の様子、話し合いの内容をまとめたものを写真で紹介します。

20150521_161454

20150521_163622

20150521_164038

Img_0766

Img_0775

Img_0783

20150522_163311

20150522_163322

20150522_163331










2014年9月26日 (金)

平成26年8月 南高祭で古本市大盛況!

8月31日(日)南高祭一般公開日に図書館にて、例年通り「古本市」を行いました。

9時の開店と同時に、たくさんのお客さんでにぎわいました。例年よりも出品してくださった先生方、生徒が多く、また、興味を持って読んでもらえるような書籍が多かったのも、今年の特徴です。店じまいがなかなかできないくらい、お客様が続き、雑貨も含め4万円近くの売り上げになりました。立派な箱に入ったハードカバーの文学の全集(15巻)をそっくり買って行かれた方もいらっしゃいました。その中から、一部を義援金として山形新聞社に寄付させていただきました。

いろいろと御協力ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。

①前日準備をしています。

Photo_7

②風船ふくらませて飾り付け。小さい子供も来てくれるといいなあ。

Photo_15

③たくさんのお客でにぎわいました。

Photo_14

④たくさんのお客でにぎわいました。

Photo_13

⑤すごく興味をもって見てくださっていました。

Photo_12

あ、全集をそっくりお買い上げです。ありがとうございます。

Photo_11

⑦あ、全集をそっくりお買い上げです。ありがとうございます。

Photo_10

⑧残った本はほんの僅かでした。

Photo_9

⑨店じまいの後、出品者ごとの売り上げの計算チェックをしました。

Photo_8

2013年12月21日 (土)

平成25年12月 第2回 読書会

 第2回の読書会を12月3日(火)14:00より図書館にて開催しました。

 今回は、全員で同じテキストを読むのではなく、図書館にある本の中で自分が実際に読んでみて、是非紹介したいと思った本のポスターをそれぞれ作成し、発表し合いました。初めての試みでしたが、さまざまなジャンルの本があり、非常に楽しい会になりました。1・2年の各クラスで1枚ずつ作成し、計14枚の作品ができました。全校生徒から見てもらえるように、昇降口の正面に掲示しています。

 ポスターを見た生徒からの反応もあり、作った生徒たちも手応えがあり喜んでいます。これからも活動として続けていきたいと思います。

<紹介された本>

  • 数え方辞典
  • 王様ゲーム
  • MOCO
  • 化物語
  • へんないきもの
  • コーヒーの歴史
  • オーパーツ① 恐竜と人間は共存したのか
  • 人類の歴史を変えた発明
  • 空想科学読本
  • 決定版 ジョーク世界一
  • 色彩をもたない多崎つくると 波の巡礼の年
  • ルーツがわかる‼ 名字の事典
  • ハリーポッターと秘密の部屋

ポスター作成

Img_0112

作ったポスターと詠んだ本を提示して、発表

Img_0159

Img_0164

昇降口に掲示している本の紹介ポスター

Img_0170

2013年9月13日 (金)

平成25年9月 古本市

南高祭の一般公開日9月1日(日)、図書館において古本市を行いました。

出品してもらった本と雑貨が516点、そのうち301点を売上げることができました。

南高生以外の一般の来場者が497人で、幼児からお年寄りの方まで幅広く多くの方々からご協力いただき、おかげさまで大変盛況でした。ありがとうございました。

また、南高祭の機会を利用し、マスコミ南高会より先日寄贈された本を展示し、さっそく南高生にお披露目しました。一般の授業や総合学習へと幅広く活用していきたいと思います。 

Img_0045 

Img_0063 

Img_0066 

Img_0073 

Img_0075 

Img_0078 

Img_0082 

Img_0084 

Img_0086 

Img_0097

 

2013年5月24日 (金)

平成25年5月 図書委員研修会

平成25517日(金)14:30~15:40

1学期中間考査最終日の放課後、図書館にて、図書委員研修会を行いました。今回は、前半、読書会を行いました。テキストは2012年本屋大賞に輝いた「三浦しをん」の小説「舟を編む」で、感想を述べ合いました。映画にもなった作品で、生徒の関心も高いようでした。これから映画を見たり、作品の全体を味わったりするきっかけになればいいなと思います。

後半は、図書委員の仕事の内容の確認を行い、これからスムーズに図書館運営ができるように準備をしました。

総勢40名の出席でした

40

「舟を編む」を読んでいるところ

Photo_2

意見を述べ合ってます

Photo

檸檬の編集についての話し合い

Photo_3

2011年7月 4日 (月)

平成23年 南高祭古本市 古本募集のお知らせ 

図書委員会は、毎年の南高祭で

古本市を開催しています。

そこで、古本市で売る CD・DVD を募集します。

売値は各自、50円きざみ で決めてもらい

商品が売れた時には、売値の90%を還元 します。

残りの10%は、図書室整備等の為の資金とさせて頂きます。

持ってきた本やCDは

各クラスの図書委員に預ける か、もしくは

図書室に直接持ってきてください

売れなかったものは

南高祭後にそのままお返しするので

損することはありません。(・・・某ブック○フよりもオトクです。)

ご協力お願い致します!!!

古本募集期間

2011年 7/11(月)~ 8/25(木)

南高図書委員会

2011年6月15日 (水)

平成23年 図書だより 6月号

図書館だより 月号 

  読書会を開催しました!

5月20日(金)16時から

図書委員研修会・第1回読書会 が行われました。

参加者は、図書委員15名、一般参加生徒1名のほか

図書課長の渡邉長一郎先生、学校司書の佐藤のぞみ先生も加わり

総勢18名での静かな読書会でした。

今回使用した図書「幸福な食卓」(瀬尾まいこ著)は

家族愛、友情、恋、死と生、大人になること…多くのテーマが含まれる作品でした。

本の感想を語り合うことによって

身近で起こりうる問題や自分の家族、周囲との関係について

じっくり考えることができたように思います。

次回の読書会には、より多くの皆さんの参加を期待しています!

  生徒総会 (524)で図書委員に出された意見について

図書委員会からの回答をまとめましたので、報告します。

ご意見①

借りたい本が無くなっている。紛失した図書は再入荷しないのか。

紛失したと思われる図書は、リクエストしていただければ再入荷を検討します。

図書館のカウンターにある「リクエストカード」に書名などを記入し、ご希望をお知らせ願います。

※紛失ではなく、延滞されている可能性もあります。その場合は追加購入することはありません。

本を借りっぱなしにしている生徒は、他の利用者のためにも早めの返却をお願いします。

ご意見②

調べたいことが載っている資料はあったが、古くて使えなかった。

申し訳ありません…。

図書館の資料は、随時点検し追加・更新を行っていますが、目の届かない分野も多くあります。

どういった資料が必要なのか、カウンターにいる図書委員や職員に

「こういう本を探している」など声をかけていただくか、リクエストして下さると大変助かります。

いただいた意見を参考に、さらに使いやすい・居心地のいい図書館になるように努めます。

何かお気づきのことがございましたら、お気軽に図書室まで足をお運びください!

(図書委員会)

  図書委員のおすすめ  この一冊! 

『空の境界 上・下』 奈須きのこ 著 講談社 20046

「生きているのなら、神様だって殺してみせる。」

2年間の昏睡から目覚めた少女・両儀式が記憶喪失と引き換えに手に入れたのは

あらゆるモノの『死』が視える“直死の魔眼”だった…。

主人公の両儀式の戦いが格好良く、また彼女の周りの人物達も謎が多く

つい続きが気になってしまう本です。(3-5工藤)

もし高校野球の女子マネージャーが

ドラッカーの「マネジメント」を読んだら岩崎夏海 著 ダイヤモンド社 2009.12

この本は、突然女子マネージャーをすることになった「みなみ」が

野球部を甲子園まで連れて行く青春物語です。

今度、前田敦子主演で映画も公開されます。

前田敦子ファン、映画を見ようと思っている人は必読です。

ぜひ、図書館に足を運んでみてください。(1-4吉田)

『ゼロから始める 都市型狩猟採集生活』坂口恭平 著 太田出版 2010.8

無職・無一文でも生きていく術。

衣服は、食事は、住居は…お?案外いけるかも?と思える情報が書いてあります。

でも、「この本を読んで、路上に出よう!」というわけではないようです。

都市を「狩猟採集場所」とする視点。

「維持する」生活から解放される感じがします。(学校司書)

  読 書 奨 励 賞

貸出100冊目ごとに記念品を贈呈(数字はバーコード貸出開始からの通算です)

16700冊目の貸出は 2-7 I.S君

16800冊目の貸出は 1-7 A.T君

16900冊目の貸出は 2-1 T.Y君

17000冊目の貸出は S.N先生

おめでとうございます!! 図書委員から記念品を受け取ってください!

新着案内 (5月11日~ 6月1日受入分) 

先生方からのリクエスト図書が、たくさん入りました。6月中にも、さらに多くの本が入る予定です! *…生徒リクエスト

分類番号

書名

著者名

出版社名

文庫名等

141.5

実践トレーニング!論理思考力を鍛える本

小野田博一

日本実業出版社

NJセレクト

141.51

イメージ脳

乾敏郎

岩波書店

岩波科学ライブラリー

159

悩む力

姜尚中

集英社

集英社新書

159.4

誰からも「気がきく」と言われる45の習慣

能町光香

クロスメディア・パブリッシング

291.09

信じた道がいつか本当の道になるように         ガチで徒歩日本一周721日の旅

大場祐輔

彩雲出版

302.1

日本辺境論

内田樹

新潮社

新潮新書

304

「気づき」の力

柳田邦男

新潮社

304

壊れる日本人

柳田邦男

新潮社

336.3

チーム・ダーウィン

熊平美香

英治出版

336.38

日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方

山本敏行

ソフトバンククリエイティブ

336.4

可愛がられ力

播摩早苗

すばる舎

336.4

「見える化」勉強法

遠藤功

日本能率協会マネジメントセンター

365

キミが大人になる頃に。

石田秀輝他

日刊工業新聞社

367.68

下流志向

内田樹

講談社

368.51

ヤクザ1000人に会いました!*

鈴木智彦

宝島社

404

いのちの起源への旅137億年

前田利夫

新日本出版社

404

シンメトリー

デーヴィッド・ウェード

創元社

アルケミスト双書

410.38

公式の世界

マシュー・ワトキンス

創元社

アルケミスト双書

410.9

新版 バナッハ-タルスキーのパラドックス

砂田利一

岩波書店

414

黄金比

スコット・オルセン

創元社

アルケミスト双書

420

世界でもっとも美しい10の物理方程式

ロバートP.クリース

日経BP社

440.12

サイエンス・ファクション

ヘーラルト・トホーフト

岩波書店

443.9

宇宙を解く壮大な10の実験

アニル・アナンサスワーミー

河出書房新社

467.2

遺伝子が明かす脳と心のからくり

石浦章一

羊土社

491.3

人間はどこまで耐えられるのか

フランセス・アッシュクロフト

河出書房新社

491.37

脳の中の身体地図

サンドラ・ブレイクスリー

マシュー・ブレイクスリー

インターシフト

491.37

脳のなかの万華鏡

リチャードE.サイト

ウィック,デイヴィッド

M.イーグルマン

河出書房新社

491.37

脳のなかの幽霊

V.s.ラマチャンドランサンドラ・ブレイクスリ-

角川書店

491.37

奇跡の生還を科学する

ジェフ・ワイズ

青土社

491.37

確信する脳

ロバートA.バートン

河出書房新社

498.39

脳を鍛えるには運動しかない!

ジョンJ.レイティエリック・ヘイガーマン

日本放送出版協会

分類記号

書名

著者名

出版社名

文庫等

501.83

デザインの輪郭

深澤直人

TOTO出版

501.84

身体補完計画

原克

青土社

520.9

もし、大統領が日本で家を建てるとしたら!?

蓬台浩明

東京書籍

528.2

におい

楢崎正也

オーム社

611.3

農業がわかると、社会のしくみが見えてくる

生源寺真一

家の光協会

724

錯視芸術

フィービ・マクノートン

創元社

アルケミスト双書

757

デザインのデザイン

原研哉

岩波書店

780

スポーツを仕事にする!

生島淳

筑摩書房

ちくまプリマー新書

780.4

一流アスリートの「身体脳力」

二宮清純 富家孝

青春出版社

青春新書

783.7

甲子園だけが高校野球ではない

岩崎夏海監修

廣済堂あかつき

783.7

負けん気

立浪和義

文芸社

813

日本語語感の辞典

中村 明

岩波書店

913.6

デュラララ!!×8 *

成田良悟

アスキー・メディアワークス

電撃文庫

913.6

プリンセス・トヨトミ

万城目 学

文藝春秋

913.6

メグとセロン. 6 *

時雨沢恵一

アスキー・メディアワークス

913.6

アクセル・ワールド. 7 *

川原 礫

アスキー・メディアワークス

電撃文庫

913.6

犬憑きさん. 下 *

唐辺葉介

スクウェアエニックス

Square Enix novels

913.6

犬憑きさん. 上 *

唐辺葉介

スクウェアエニックス

Square Enix novels

913.6

ソードアート・オンライン. 7 *

川原 礫

アスキー・メディアワークス

電撃文庫

913.6

花物語 *

西尾維新

講談社

講談社BOX

913.6

緋弾のアリア9 *

赤松中学

メディアファクトリー

MF文庫

913.6

八日目の蝉 *

角田光代

中央公論新社

914.6

生きようよ

細谷亮太

岩崎書店

918

新潮日本古典集成 伊勢物語

渡辺 実

新潮社

933.7

ピラミッド 封印された数列

ウィリアム・ディートリッヒ

文藝春秋

受付リクエスト図書 (6月3日現在)

書名・著者名のみ記載。 貸出開始まで、もうしばらくお待ちください!

      『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 8』 伏見つかさ

      『新説 とある魔術の禁書目録』 鎌池和馬

      『僕は友達が少ない 6』 平坂 読

      『ココロコネクト ヒトランダム』 庵田定夏

      『ココロコネクト キズランダム』 庵田定夏

      『ココロコネクト カコランダム』 庵田定夏

      『ココロコネクト ミチランダム』 庵田定夏

・  『不動カリンは一切動ぜず』 森田季節

2011年6月 2日 (木)

平成23年5月 図書委員研修会・第一回読書会報告

図書委員研修会・第一回読書会報告

5月20日(金)午後16:00~

「図書委員研修会・第一回読書会」を行いました。

中間考査最終日・交通安全教室・県総体激励会…盛りだくさんのスケジュールの中でしたが、図書委員15名に加え委員以外の生徒も1名、参加してくれました。

使用した本は、瀬尾まいこ著「幸福な食卓」です。

280ページ近くある小説ですが、今回は後半部分(文庫版247p262p266p272p)の数十ページだけを読みました。

○「幸福な食卓」あらすじ○

佐和子の家族はちょっとヘン。父を辞めると宣言した父、家出中なのに料理を届けに来る母、元天才児の兄。そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて……。それぞれの切なさを抱えながら、つながり合い再生していく家族の姿を温かく描く。                      (文庫版裏表紙より)

○読書会使用部分の紹介文○

父……自殺未遂の経験あり

小林ヨシコ……佐和子の兄・直の彼女

大浦君は佐和子に、クリスマスにお互いのプレゼント交換をすることを提案する。佐和子はマフラーを編み、大浦君はプレゼント購入のために新聞配達のバイトを始める。しかしその途中、大浦君は交通事故に遭い亡くなってしまう。自殺しようとした父が生きていて、大浦君が死んでしまった現実に不条理を覚える佐和子。この場面は、そんな佐和子が周りの人々になぐさめられ、本来の元気を取り戻してきたあたりから始まる。(紹介者 3-1 佐藤)

全員が読み終えたあと、それぞれ感じたことを発表しました。一部を紹介します。

・登場人物の個性が強い。それぞれの魅力がマッチしていて面白い。

・主人公に起こった出来事をきっかけにして家族の絆が強まったが、一度ばらばらになってしまった家族が再生するのは実際むずかしいことだ。

・今回読んだ部分は、主人公を周りの人がなぐさめ、元気づける場面だが、この部分より前はどんな話があったのか気になる。

(このほか、この本を最初から読んでみたくなったという意見複数)

・ヨシコの不器用さが目立つ。自分なりの方法で他人を励まそうとする姿がすごく良く描かれている。

・父の決意、「父さんでいたい」という場面。自分で「こうなりたい」と思うところが良い。

・人が亡くなっても、残るものはある。人とのつながりが戻ることもある。

・人は成長していくにつれ、他人とのつながりを「選択」していくことになる。

・大浦(弟)と佐和子が今後どうなっていくかが気になる。

各自の発表のあと、今回の本「幸福な食卓」を推薦してくれた副委員長さんが、著者・瀬尾まいこについての紹介をしてくれました。

図書館にある著者の本を並べ、「(瀬尾さんの作品は)日常で誰もが抱えている小さな悩み、苦しさ、人間関係のこじれが「もし大きくなったらどうなるか」ということを描いている。」「沈んだ主人公が元気になっていくストーリーが多く、読むと前向きな力がもらえると思う。」と述べてくれました。

このあと、各自の発表をもとに意見交換をする予定でしたが、時間の都合上行うことができませんでした。

読書会終了後、「図書委員研修会」として、①今後の予定の確認 と②カウンター当番の見直しをおこないました。

三年生の委員が中心になって活動する会は今回が最後ということもあり、委員長・副委員長さんから今後の活動にあたってのアドバイスなどもいただきました。ありがとうございます!

これからは1・2年生が中心になって、図書委員会を盛り上げていきましょう。

読書会を行ってみると、小説(物語)の読み方や感じ方、受けとりかたは人それぞれ違うのだということが、本当に良くわかります。

「こんな視点もあった」「こんな見かたもある」「この話からこんなことを連想できたのか」などなど。ひとりで本を読んでいるだけでは到達できない、沢山のことに気付かされます。

今回、参加者は少なかったのですが、落ち着いた雰囲気で会をすすめることができたと思います。いい読書会でした。

ポスター制作などの準備をしてくれた読書課の皆さん、

みんなをまとめてくれた委員長さん、

レポーターとして率先して動いてくれた副委員長さん、おつかれさまでした。

当日参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

次回の読書会は、11月に開催する予定です。

詳細が決まり次第、ポスターや図書だより等でお知らせします。

※読書会に使用した本※

「幸福な食卓」(講談社文庫版)

著者:瀬尾まいこ 出版:講談社 出版年月:2007年6月

ISBN:978-4-06-2756501

2011年5月25日 (水)

平成23年5月 図書館だより

図書館だより 2011.5月号 

今年度も 図書館をよろしく!

「南高図書館にライトノベルが多いのはお前のせいだ!」とよく言われますが、大体合ってます。申し訳ありません。反省してます。

こんなんでも委員長やってます。南高図書委員の仕事は、①本の貸し出し・返却の手続き ②読書会の開催 ③図書館だよりの編集・発行 ④図書館報「檸檬」の編集・発行の4つです。その他にも、本の買い出しや書架整理など、さまざまな仕事を行っています。

私の仕事は、より多くの生徒に読書の楽しさを伝えるために、委員会の円滑な運営に努めることです。

わずかな時間であっても、読書から学ぶことはたくさんあります。

読書できる男は持ってるモノが違いますよ。(図書委員長 3-1 山川)

***

新着図書 4月1日~5月10日 受入分)

分類番号

 

著者名

出版社名

文庫名等

141.7

行動の機構 脳メカニズムから心理学へ (上)

D.O.ヘッブ

岩波書店

岩波文庫

150.21

日本倫理思想史 (一)

和辻哲郎

岩波書店

岩波文庫 

210.75

シベリア抑留は「過去」なのか

栗原俊雄

岩波書店

岩波ブックレット

290.9

マゼラン 最初の世界一周航海 

ピガフェッタ

岩波書店

岩波文庫

291.09

信じた道がいつか本当の道になるように

大場祐輔

彩雲出版

335.21

就活とブラック企業

森岡孝二

岩波書店

岩波ブックレット

361.45

「コミュニケーション能力がない」と悩むまえに 

貴戸理恵

岩波書店

岩波ブックレット

368.61

消された一家 北九州・連続監禁殺人事件

豊田正義

新潮社

新潮文庫 

380.4

孤猿随筆

柳田国男

岩波書店

岩波文庫 

837.5

天声人語 英文対照 冬2010

朝日新聞論説委員室 編 朝日イブニングニュース 訳

原書房

913.6

世界遺産への旅小説 地中海の真珠 

羽島ナオミ

阿古耶書房

*寄贈*

913.6

ふたすじ道・馬 他三篇

長谷川如是閑

岩波書店

岩波文庫

913.6

これはゾンビですか?2

木村心一

富士見書房

富士見ファンタジア文庫

913.6

これはゾンビですか?3

木村心一

富士見書房

富士見ファンタジア文庫

918

新日本古典文学大系 明治編 10 

福沢諭吉集

中野三敏

岩波書店

931

四つの四重奏

T.S.エリオット

岩波書店

岩波文庫

943.6

ブリギッタ・森の泉 他一篇

シュティフター

岩波書店

岩波文庫

953.7

自由への道 6

サルトル

岩波書店

岩波文庫

***

図書委員のおすすめ この一冊!

『美晴さんランナウェイ』 山本幸久

中学生の世宇子の家には、おばさんの美晴が居候している。27歳でけっこう美人で独身、時々アルバイトをするだけの気ままな彼女はトラブルを持ち込んでくるエキスパート。旅行の前日に風邪をひかせたり、男を家に押し入らせたり、やりたい放題。でもなぜかみんなそれを許してしまう。そしてまた、新たな事件が・・・。(広報課3-1 佐藤)

『聖女の救済』 東野圭吾 著

私は、以前にドラマ化や映画化をしたガリレオシリーズの最新刊である『聖女の救済』について紹介します。この作品は、物理学者である湯川学が科学の力を駆使して事件を解決する推理小説です。今回の事件で湯川が推理した答は、「虚数解」。 おもしろいので、ぜひ読んでみてください。(広報課2-7 浦山)

まほろ駅前 多田便利軒』 三浦しをん

まほろ駅前で便利屋を営んでいる多田は、ある日突然高校時代の同級生だった行天と再会する。高校時代は互いに話すことはなかった2人だが、なぜか一緒に「多田便利軒」として行動することになる。そこにちょっと変わった依頼が舞い込んでくるようになり……。直木賞を受賞し、映画化もされた名作です。おススメです!(広報課長3-1 小松)

***

読書奨励賞

貸出し100冊目ごとに、記念品を贈呈!

(数字はバーコード貸出開始からの通算です)

15900冊目の貸出は 2-1 T.Y君

16000冊目の貸出は 2-3 K.A君

16100冊目の貸出は 2-6 I.R君

16200冊目の貸出は 2-6 I.R君

16300冊目の貸出は 1-7 K.H君

16400冊目の貸出は 1-6 A.R君

16500冊目の貸出は 2-4 I.A君

16600冊目の貸出は 2-1 T.Y君

おめでとうございます!図書委員から記念品を受け取ってください!

***

読書会 を 開催 します

日 時: 5月20日(金)  県総体激励会終了後

場 所: 図書室

その場で、みんな一緒に、重要な部分10ページほどを読んで

感じたことや疑問、意見を話し合います。

同じ本について率直に語り合うのは楽しいもの。

諸君の参加を期待しています!

使用テキスト

『幸福な食卓』  瀬尾まいこ著 

佐和子の家族はちょっとヘン。父を辞めると宣言した父、家出中なのに料理を届に来る母、元天才児の兄。そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて……。それぞれの切なさを抱えながら、つながり合い再生していく家族の姿を温かく描く。(文庫版裏表紙より)

2010年1月27日 (水)

2010 図書館だより 1月号

図書館だより2010 1月

今年もよろしく!

ホンヨモ!! 新 着 案 内

  次の本が図書館に入りましたここからダウンロード

図書委員のおすすめこの一冊!

『誰とでも15分以上会話が途切れない!話し方66のルール』野口 敏 著

初対面の人との会話で話題がなくなってしまい、気まずくなったことはありませんか? そんな人にオススメなのがこの本です。この本の中では、場面ごとに話し方のポイントが書いてあり、それを参考にすると誰でも会話上手になれるはずです。ぜひ一度読んでみてください。 (2-4 高橋) 

『デモナータ・シリーズ』 ダレン・シャン 

デモナータ・シリーズは、人間と魔物との戦いが主なストーリーです。このシリーズはとてもグロテスクな描写が多数使われているため、一巻を読んでも次の巻に進む人がなかなかいません。ですが、本の内容的には、強い友情を知ることができ感動できるところも多い本なので、ぜひ読んでください。2-7 須藤)

次の本も読んでみてください。

『地震予知の最新科学発生のメカニズムと予知研究の最前線』 佃為成 著

 サイエンス・アイ新書

現在よりももっと温暖化が進んでいた縄文時代、神戸市街の半分は浅い海であった。そこで巨大な地震が起こり、多くの尊い命が失われた。地震、特に最近危険性が指摘されている巨大地震のメカニズムを、アスペリティ理論でわかりやすく解説してある。山形県に近いところでは、宮城県石巻市東方の海底にアスペリティの存在が推定されている。あと何年後にここでマグニチュード8クラスの巨大地震がおきるのか。近くの自治体では、その対策をとりつつある。ぜひ読んでみよう。(理科教師SH

『葉っぱのふしぎ』  田中修 著  サイエンス・アイ新書

 葉っぱは、夜と昼の長さをどのようにして測っているか、光の色を見分けるメカニズム、葉っぱの運動、など専門外の人が見てもおもしろい。驚きがたくさんある本。(理科教師SH

読 書 奨 励 賞

貸出し100冊目ごとに、記念品を贈呈(数字はバーコード貸出開始からの通算です)

11,000冊目の貸出は -  RI 

11,100冊目の貸出は -  FI

おめでとう!  図書委員から粗品を受け取ってください。

ちょっといい 多 読 者 賞 お知らせ!

たくさん本を読んだ人(貸し出しの多かった人)に記念品を差し上げます。

図書館報「檸檬」(2月末発行)で発表!

2009年12月31日 (木)

2009図書館だより12月号

図書館だより2009 12月

冬休みの貸出と開館予定

☆ 冬休み、3冊まで本を貸し出します。          

   貸し出し期間は、12月14日(月)から1月7日(木)まで。

   冬休みの開館日にも返本・借り出しができます。

☆ 延滞者はきちんと返却を完了してください。返さない人には貸さないゾ!

☆ 開館予定日は次のとおり。 開館時間 8:30~17:00

12月19日 (土)

終業式

12月26日 (土)

 1月 3日 (日)

へいかん

    20日 (日)

へいかん

    21日 (月)

へいかん

    22日 (火)

開  館

1月 4日 (月)

15()

6日(火)

開  館

    23日 (水)

へいかん

5日 (火)

開  館

    24日 (木)

開  館

6日 (水)

開  館

25日 (金)

開  館

7日 (木)

始業式

ホンヨモ新着案内

今月は次の本が入りました。ここ

いちおし!推薦図書

「僕は、慢性末期ガン」  尾関良二著

 

「余命半年」の宣告通りに死にたくない人におくる本 

 若くて元気で健康な南高生諸君には、ちょっとピンとこないタイトルの本かもしれないが、単に南高の先輩の著書だからという理由だけでなく、ふだんはあまり気にもとめない「命の尊さ」を改めて見つめ直す意味でも、特に医学部への進学を考えている諸君には一読を勧めたい。今夏の2年理数科合宿の講話の機会にも紹介させていただいたが、さらに多くの南高生諸君や先生方にもご案内させて頂くことをお許し願いたい。

   著者尾関良二氏は、1958年山形市東原(南高の北向かい)のお生まれ。25歳の若さで広告代理店を起業、有能な企業人であり良き家庭人でもあった著者は、2005年、47歳の時に末期の胃ガンで余命半年の宣告を受けた。この本をご紹介いただいた著者の親友、斎藤淳夫氏(小生や河野先生とは高校の同級生)の言を借りれば、「強気でへそまがり」の性格だった著者は、病気に屈せず自ら治療法を選択し、「余命半年」の宣告を覆して3年半、命の火を灯し続けられた。重い現実に悲観せず、時にはユーモアを交えながらの闘病の日々の描写は軽妙な表現の中にも読者に様々な想いを呼び起こす。例えば、医者選びに際しては、「説明に専門用語を交えて、まるで患者をケムに巻こうとしているような医師」や「患者の質問を避けたがる医師」はやめた方がいい、というくだりでは「患者」を「生徒」に、「医師」を「教師」に置き換えれば、何だか他人事ではないような、少々耳の痛い話にもなりそうだ。

   ふだんは「水のように空気のように」その有り難さを特に意識しないままになりがちな命の重み。失われて初めて気がつく健康の価値。そんなことに改めて思いを致すよすがとしてこの本を紹介させていただくとともに、4月20日の発売を待たず、50歳を一期としてこの世を去った著者のご冥福をあわせて祈りたい。(国語科・寺崎昌尚)

(寺崎先生から、この本を寄贈していただきました。ありがとうございました。)

『西の魔女が死んだ』  梨木香穂

 中学に入学して、喘息のため学校に行かなくなった少女まいは、おばあちゃんである西の魔女のもとで修行を受ける。そこで多くの体験をして、しあわせに生きるヒント、本当に価値のあるもの、「死」とは何かを知っていく。おばあちゃんのひとつひとつの優しい言葉が心に残りました。              (2-5 多田)

『夏の庭 The Friends』  湯本香樹実 著

 小学校最後の年、少年3人はひょんなことからおじいさんと出会う。少年達はおじいさんから多くのことを学び、おじいさんは少年達から元気をもらう。そんなある日、永遠の別れがやってきた。その悲しみから3人は何を感じ、どんな人生を歩んでいくのか。 (2-7 長南)

『容疑者Xの献身』   東野圭吾 著

 「ガリレオ先生」こと湯川学が不可解な事件に挑む。数学の高校教師である石神が、思いをよせる女性のために完全犯罪を目論む。そこに現れたのは、石神の同期である物理学者の助教授、湯川学。天才、石神が構築した理論を湯川は崩せるのか。       (1-3 萩原)

運命を創る 安岡正篤著

運命を開く 安岡正篤著

 「安岡人間学講座」の1、2である。「組織盛衰の原理」等、歴史を通して人間の生き方、今後の日本人の在り方を著している。歴代の首相や財界の著名人が教えを請うた著者だけに、その内容は深く、広い。これからの日本人の行方を考える政治や経済のリーダーを目指す人は特に読んでほしい。明治時代に気骨のある人物が輩出したのは、明治時代の教育がすばらしかったのではなく、江戸時代の寺子屋教育がすばらしかったのだ、と述べているあたりは、教師として考えるところがあるし、現代の経済界の「今の金儲けが第一」という在り方を、日本の国益に照らして厳しく批判しているあたりもおもしろい。

 この著者の本は、まだ多く出版されている。難しい内容のものもあるが、理論的な根拠がはっきりしているのでおもしろい。ぜひ一読を。(教師鈴木秀明)

2009年11月17日 (火)

2009 図書館だより 11月号

図書館だより2009 11月

10/2711/9は、全国的に読書週間

 読書会の案内

と  き:11月6日(金)4時~

とこ ろ:南高図書館

テキスト:『オシムの言葉』より抜粋

当日、会場で読んでわいわいガヤガヤ意見交換!

サッカー好きまたは東欧情勢に興味のある人、来るべし!

ホンヨモ!! 新着案内

  新着図書はこちらからダウンロード

秋の夜長はミステリー!

『新 参 者』    東野圭吾 著

     東野圭吾の最新ミステリー。日本橋の一角でひとり暮らしの女性が殺された。着任したての刑事、加賀恭一郎の前に立ちはだかるのは、人情という名の謎。商店街を嗅ぎ回るイケメン刑事の正体は? 短篇仕立てのミステリーの綾。 

    

『 青 の 炎 』    貴志祐介 著

     光と風を浴びて17歳の少年は、海沿いの道を駆け抜ける。愛する妹と母のために・・・。彼は義父に氷のように冷たい殺意を抱く。人間の尊厳とは何か?! 熱き感動を呼ぶ現代版『罪と罰』。10年前に生まれた永遠の名作である。

『 イエスの遺伝子 』  M.コーディ 著

     天才的遺伝子学者トム・カーターは、遺伝子情報から得た娘ホリーの発病を食い止めるため、あらゆる可能性にしがみつく。最後に残された道は、奇蹟の治癒能力をもつイエス・キリストの遺伝子。それを手に入れるために彼は・・・。    

『 ネアンデルタール 』 J.ダーントン 著

     はるか昔、まだ氷河が地球上に残っていた時代、新しい人類が誕生した。―ネアンデルタール― 約3万年前まで繁栄を続けたこの人類は、なぜ、どのようにして突如滅んでしまったのか。新人類ホモ・サピエンスとの関わりは?

『 ダ・ヴィンチ・コード 』 D.ブラウン 著

     ルーブル美術館館長ソニエールが館内で殺害された。彼の残したダイイング・メッセージは、ダ・ヴィンチの有名な素描「ウィトルウィウス的人体図」。「モナリザ」「岩窟の聖母」「最後の晩餐」などの、ダ・ヴィンチ作品の謎にも迫る。

読書 奨 励 賞

貸出し100冊目ごとに、記念品を贈呈(数字はバーコード貸出開始からの通算です)

10700冊目の貸出は 2-1 . T君 

10800冊目の貸出は 2-7  S. Y君

おめでとう!  図書委員から粗品を受け取ってください。

2009年8月26日 (水)

2009 図書館だより 号外弐 南高祭恒例古本市

図書館便り 号外弐

山形南高校図書委員会

古本市のお知らせ

今年も南高祭の季節がやって参りました。

図書委員会では、毎年恒例の古本市を以下の通り開催致します。

1. 日 時 : 830日(日)09:00~15:00

2. 会 場 : 本校階図書室

多数の本を用意しておりますので、皆様お誘い合わせの上ご来場下さい。

2009年8月 4日 (火)

2009 図書館だより 夏休み号外 先生方の推薦図書

図書館便り 号外1

次の先生方から夏休みの推薦図書をいただきました。ぜひ参考にして読書してください。これからもどんどん追加していきます。

M.Terasaki 先生推薦

『がむしゃら1500キロ-わが青春の門出』 浮谷東次郎著 ちくま文庫

 昭和32年、中学3年の夏休みに、少年は愛用の50ccバイク、クライドラ-を駆って千葉県市川市と大阪とを往復する一人旅を敢行した。無謀とも思えるツーリングを許可した父の真意は、そしてサーキットに散った、若き天才レーサーが描き残していった鮮烈な自画像。

『旅人―湯川秀樹自伝―』 湯川秀樹著 角川文庫

  「私を数学の道から簡単に追い出したのは、このときの先生の採点の仕方だった。少年はいきりたって、もう数学者には絶対なるまいと決心した。

  先生に教えられた通りに答えなければならない学問。そんなものに一生を託すのはいやだ。」日本人初のノーベル賞を受賞した物理学者の青春時代。

『山中静夫氏の尊厳死』 南木佳士著 文春文庫

  医者として医療に従事している作者のとらえたさまざまな哀感。医学部を志している人には、この作者の一連の作品に目を通してみることを強く勧める。『ダイヤモンド・ダスト』、『信州に上医あり』など。

『ぼくのマンガ人生』 手塚治虫著 岩波新書

  「マンガの神様」手塚治虫の没後20年を経て今よみがえるハートフルな肉声。その膨大な作品群の根底をなすメッセージは……。医学博士でもあった彼の視点は、時には教育や人生まで及ぶが、押し付けのない語り口が心地よい。肩の凝らない一冊ながらさまざまなヒントを与えてくれる好著。医学部志望者には特にお勧め。自伝的マンガのおまけ付き。+

『正義と微笑』 太宰治著 新潮文庫(「パンドラの匣」所収)

  「うす曇。烈風なり。運命的な日である。一高の発表を見に行った。落ちていた。胃と腸が、ふっと消えたような感じ……」そんな彼が見据えた進路選択は……。実在の日記に基づく、旧制中学生の揺れ動く内面。今しか読めまい。

『戦艦大和の最期』 吉田満著 文芸文庫

  片道だけの燃料で沖縄へ出撃する途中、九州沖で撃沈された巨艦の最期。『昭和の平家物語』とも称される古典的著作。抑制の効いた文体の行間に、国家に殉じざるを得なかった当時の若者たちの、やむにやまれぬ叫びを聞く思いがする。

『将棋の子』 大崎善生著 講談社

  26歳までに四段昇段を果たせなければ、自動的に除名されてしまうプロ棋士の登竜門「奨励会」。しかし厳しいリーグ戦を経て、昇段が許されるのはわずかに2名……。戦い続け、夢がかなわずに志半ばにして散っていった花びらのような、それぞれの人生の軌跡。

『歩兵の本領』 浅田次郎著 講談社

  『万朶の桜か襟の色-』もはや軍歌の歌詞は古典となりつつあったのに、その精神性においては旧軍の色合いを色濃く残していた「世界一奇妙な軍隊」自衛隊。ここに身を投じた昭和四十年代の若者たちの思いを、作者自らの体験で綴る、知られざる青春の群像。

H.Suzuki先生推薦

『歴史を変えた気候大変動』 B.フェイガン著 河出文庫

『古代文明と気候大変動-人類の運命を変えた二万年史』 〝

  地球の温暖化や寒冷化などの気候変動と人類の歴史との関係を広い視野で記述している。これからの気候変動に適応できる人類のあるべき姿を示唆している。

2009年7月23日 (木)

2009 図書館だより 7,8月号

図書館だより2009 7,8月

夏休みの貸出と開館予定

※ 夏休み、4冊まで本を貸し出します。                  

   貸し出し期間は、717日から 8月20日まで。夏休みの開館日にも返本・借り出しがで

きます。

※ 延滞者はきちんと返却を完了してください。

開 館 予 定 日 (開館時間 8:3017:00

717日(金)

終業式

727日(月)

開 館

8月 6日(木)

開 館

718日(土)

728日(火)

開 館

8月 7日(金)

開 館

719日(日)

729日(水)

開 館

8月 8日(土)

720日(月)

730日(木)

開 館

   ↓

へいかん

721日(火)

書架整理

731日(金)

開 館

816日(日)

722日(水)

開 館

8月 1日(土)

817日(月)

開 館

723日(木)

開 館

8月 2日(日)

818日(火)

開 館

724日(金)

開 館

8月 3日(月)

開 館

819日(水)

始業式

725日(土)

8月 4日(火)

開 館

読書感想文

726日(日)

8月 5日(水)

開 館

提出日

ホンヨモ!!    

 

次の本が貸し出しできるようになりました。

 ここを クリック

図書委員のおすすめ この一冊!

もうすぐ』 橋本 紡 著

 ひとりの妊婦が帝王切開によって死亡し、その執刀医が一年以上もたってから逮捕された。

その医療裁判を柱にしてインターネット上の新聞では出産の特集を組み、お産難民、不妊治

療といった問題を取り上げる。妊婦と出産をめぐる現実を書ききった渾身の長編。

3-7 長南)

『16歳の教科書』7人の特別講義プロジェクト編

「なぜ学び、なにを学ぶか」というテーマで書かれたこの本、一時話題になった。物理や数

なんか学んで何になるんだと思い始めた貴方に是非読んでほしい。学習意欲の向上につながる

だろう。                                (3-7 丸山)

『ハリー・ポッターと謎のプリンスJ.K.ローリング

ホグワーツ魔法魔術学校の6年生となった魔法使いハリーが、史上最悪の魔法使いヴォルデ

モートの過去と弱点に迫る一年間を描く。最後には、ハリーの信頼していた一人の人物を失い、

そして新たな謎の人物の存在を知ることになる。映画を見る前に是非一読を。

       (3-6 斎藤)

『ゴーマニズム宣言 EXTRA パトリなきナショナリズム小林よしのり著

人間、たまには視点を変えるのも良いものです。あの歴史的大事件、最近の社会情勢なんかを、

ちょっと見たことのない視点から語ってくれる、「おぼっちゃん」作者による右側社会派まんが。近ごろ右傾しているという若者へ、鵜呑みにしないなら、きっとためになります。

          (3-5 丹野)

蔵書が リニューアル しました

 閲覧室の図書ほとんどがデータベース化されました。本もラベルもきれいになり リニューアル!

貸し出しも簡単! ピッピィ~とバーコードを読み込むだけで、すぐ貸し出せます。

検索も簡単! 閲覧室のパソコンNo.5で、書名・著者名・分類・キーワードからすぐに本が探せます。

小説の棚が見やすく 作家のアイウエオ順に本が並び、すぐ取り出せます。

 嘘だと思ったら、試してごらん !?

「マスコミ南高会」から寄付

ありがとうございます!

去る6月にマスコミ南高会から2名の方が来校され、10万円相当の図書目録をいただきました。なお、

マスコミ南高会とは、マスコミ関係の仕事に関っている南高OBの会で、毎年貴重な図書をいただいて

います。今年の寄贈図書は以下のとおりです。積極的に活用してください。

書 名                  出版社   

『デイビット・マリンの驚異の大宇宙』・・・・ニュートンプレス

『カイロ博物館』・・・・・・・・・・・・・・ニュートンプレス

『写真に見る アフリカ・西アジアの風俗文化』・・・・・帝国書院

お金の不思議・・・・・・・・・・・・・・・・・山川出版社

『はにわ人は語る』・・・・・・・・・・・・・・・・山川出版社

『倭人をとりまく世界』・・・・・・・・・・・・・・山川出版社

『高さを求めた昔の日本人』・・・・・・・・・・・・山川出版社

『神と仏のいる風景』・・・・・・・・・・・・・・・山川出版社

『中世寺院の姿とくらし』・・・・・・・・・・・・・山川出版社

『王の墓と奉仕する人びと』・・・・・・・・・・・・山川出版社

『大英博物館 古代エジプト史』・・・・・・・・・・・・ 原書房

『ルネサンス料理の饗宴』・・・・・・・・・・・・・・・原書房

『纏足の歴史』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・原書房

『戦国を知る本1 武将』・・・・・・・・・・・日外アソシエート

『レポートの作成法』・・・・・・・・・・・・ 日外アソシエート

『レポート・論文作成のための引用・参考文献の書き方』 

『手書きのための漢字字典』・・・・・・・・・・・・・明治書院

『幕末史』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新潮社

おめでとう!  図書委員から粗品を受け取ってください。

読 書 奨 励 賞

貸出し100冊目ごとに、記念品を贈呈(数字はバーコード貸出開始からの通算です)

10000冊目の貸出は1-7  YS ★ 10100冊目の貸出は3-7  KK

 

ちょっといい お知らせ!

たくさん本を読んだ人(貸し出しの多かった人)に記念品を差し上げます。

図書館報「檸檬」(2月末発行)で発表!

2009年6月10日 (水)

2009 図書館だより 6月号

図書館だより2009 6月

ホンヨモ!!    

 

今月は、次の本が貸し出しできるようになりました。文学だけでなく、IT技術者必須のソフトウェアの本とか、自然科学の本も多く購入しました。希望図書も何冊か入っています。たくさん読んでください。

                       ”新着本”をダウンロード

図書委員のおすすめ この一冊!

天 地 人』  火坂雅志 著

   越後に覇を唱えた上杉謙信の下で薫陶を受け、「義」の精神を学び、そして戦国時代を生き抜いた直江兼続。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など天下人とも真っ向から渡り合い、関が原の戦いのあと米沢に移封されるも、家臣領民の幸せを願い国造りに励んだ直江兼続の一生を描く。

とても面白いのでぜひ読んでください。   (3-1 鈴木)

『のぼうの城』  和田竜

天下統一目前の豊臣秀吉軍・石田三成に対するは、無能で有名な、でくのぼうと町民に言われる男だった――

抜群におもしろい歴史小説。読んで手に汗をかくほどの白熱振りに時間を忘れて読みふけるほど。歴史小説に興味のない人でも楽しめる一大エンターテインメント。   (3-1 土田)

『白い巨塔』  山崎豊子 著

「しぶちん」それは、関西地方の言葉で「けちんぼ」の陰にこもらない開放的な言い方である。それを作題に用いた『しぶちん』はもちろん山崎豊子氏の代表作だ。その氏の最も有名な作品が『白い巨塔』である。TVドラマとして2度映像化されている本作は、あの『しぶちん』をしのぐ評価を受けている。両作とも一見の価値があるだろう。      (3-3 工藤)

読書会 開催 しました

福井晴敏 著亡国のイージス~抜粋  

去る5月22日の図書委員研修会で、読書会が行われた。テキストは、数々の文学賞を受賞した『亡国のイージス』。海上自衛隊ミサイル護衛艦を舞台に、自衛隊叛乱軍と日本政府、それに北朝鮮の工作員を交えた三つ巴の戦いが繰り広げられる。

北朝鮮の脅威が具現化しつつある昨今、日本の防衛システムの象徴「イージス艦」の実態を

知るきっかけになった。会終了後の図書委員長の熱いトークが印象的だった。

次回の読書会には諸君の参加を期待する!

読 書 奨 励 賞

貸出し100冊目ごとに、記念品を贈呈します(数字はバーコード貸出開始からの通算です)

9600冊目の貸出は 1-4  M.K君★ 9700冊目の貸出は 1-3  M.T君

9800冊目の貸出は 2-4  T.R君★ 9900冊目の貸出は 2-1  O.T君

おめでとう!図書委員から粗品を受け取ってください。

該当者は図書館報「檸檬」(2月末発行)で発表!

 ちょっといい お知らせ!

たくさん本を読んだ人(貸し出しの多かった人)に記念品を差し上げます。

2009年4月27日 (月)

2009 図書館だより 4・5月号

図書館だより2009 4・5月号