« H28.2月 べにばなハンドボールフェスティバル結果 | メイン | 春季選手権 »

2017年5月23日 (火)

地区高校総体

  5月13日(土)・14日(日)と、東根市民体育館において村山地区の高校総体が行われました。男子10チームによるトーナメント方式で、全チームが県総体に出場できるとはいえ、これまでのチームの仕上がりが試される大事な大会となりました。

 1回戦の相手は寒河江工業高校。これまでの戦いでは優位に進めていたものの、正確なパスから繰り出されるシュートには気をつけなければなりません。南高も、両ウイングをケガ等で欠き厳しい立ち上がりとなりましたが、代わって入ったメンバーが素晴らしい活躍を見せ、サイド・中央から積極的にシュートを打って行きます。前半で19-8と大きくリードしたあと、後半途中からはサブメンバー中心のシフトとなりやや押されぎみとなりましたが、それでも36-20と差をつけて勝利することができました。

 2回戦の相手は山形中央高校。北村山高校と並んだ県の強豪校です。しかし選手権同様、強いチームに本領を発揮できる南高は、相手がボールさばきに慣れていない前半を中心に、こぼれ球を速攻で押し込み、5-9と逆転できるスコアで前半を折り返しました。しかし後半になると、疲れのみえる南高に対し、山形中央が怒涛の如く攻めてきます。パスミス・シュートミスも目立ち、速攻・二次速攻で攻めた山形中央の攻撃を防ぐことができず、結果12-26で敗れてしまいました。南高がもとから抱える「点を取られすぎる試合」が露呈してしまった悔しい試合となりました。

 6月2日(金)から始まる県高校総体(東根市民体育館)では、このような課題点を修正し、1試合でも多くハンドボールができるよう、全員一丸となって取り組んでいきたいと思います。応援よろしくお願いいたします! 

Photo