« 県高校総体 | メイン

2017年9月14日 (木)

地区新人戦

 6月の県総体で3年生が引退し、ハンドボール部は2年・1年総勢23名で再スタートを切りました。まずは各自の基礎体力・技術力の向上をはかり、その後はチーム間の連携をはかる練習に軸を移していきました。地道な練習が続きましたが、部員たちは一歩一歩能力を向上させていきました。

 8月12日・13日には、恒例の「サマーリーグ」に参加しました。主に村山地区の高校と、25分×8本のハードな日程になりましたが、総じてまずまずの出来であり、CP間の連携などを確認しながらチームを仕上げていきました。

 そして、9月9日・10日には、山形中央高校を会場に、村山地区高校新人大会が行われました。男子10チームによるトーナメント戦で、全チームが11月の県新人大会に出場できるというものの、できるだけ勝ちをおさめて調子に乗りたいところです。1回戦は寒河江工業高校。6月の県総体では勝利を収めることができましたが、今回試合が始まると、南高のパスミスやシュートミスなどが相次ぎ、12-8という点差で前半を終え、後半に入っても調子が上がらない南高に対し、寒工は怒涛の攻撃を加えていきますが、結果27-23で勝利を収めることはできたものの、大いに課題が残った試合となりました。

 このままではいけないと気持ちを切り替えた南高は、2回戦の山形中央高校に果敢に挑んでいきました。やっとこれまでの練習の成果を出せた感じがあり、21-13で敗れはしましたが、前回よりは連携や個人のプレーに冴えが見られたと思います。

 とはいえ、この状況では昨年のような好成績を出すことは難しいです。11月4日・5日に東根市民体育館で行われる県新人大会では、今回の課題を修正して結果を出していきたいと思います。

 

※写真は、8月の地区新人戦のものです。

1

2