« 2013年7月 | メイン | 2013年12月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

平成25年度 国民体育大会山形県予選会

国体山形県予選会が、7月13日(土)14日(日)の2日間、酒田市国体記念体育館を会場に行われました。3年生が引退し、新チームとして臨む初めての県大会となります。南高からは、1・2年生9名全員が地区予選を勝ち抜き出場しました。100㎏級、高田一誠(2年)のベスト8が最高の成績となりました。特に1年生8名は、善戦健闘するのですが、わずかの差での敗戦が多く、より厳しい試合ができるような練習を今後していかなければならないと感じました。9月の新人戦地区予選、11月の県新人大会、全国高校選手権山形県予選会を勝ち抜き、東北大会・全国大会に出場できる選手が一人でも多く出るよう、一層の努力をしていきたいものです。

開会式の様子 国際規格の畳がまぶしい

Kokutaiken01

熱戦の様子①

Kokutaiken02

熱戦の様子②

Kokutaiken03

熱戦の様子③

Kokutaiken04

熱戦の様子④

Kokutaiken05

平成25年度 第63回東北高等学校柔道大会

第63回東北高等学校柔道大会が、平成25年6月28日(金)~30日(日)、宮城県加美町「陶芸の里スポーツ公園」(加美町総合体育館)を会場に開催されました。本校からは、66㎏級に安達智樹(3年)と90㎏級に高田一誠(2年)が出場しました。

66㎏級の安達は、1回戦、福島県2位の選手と対戦しました。積極的に内股を仕掛けたところを返され、一本負。90㎏級の高田は、1回戦、秋田県3位の選手と対戦、前半は一進一退の攻防でしたが、後半やや組み手を嫌い下がったところ、払腰をあわせられ一本負となりました。

これまで、2名という少人数ながら部活動を引っ張ってきてくれた3年生も、今大会で完全に引退となります。昨年の新人大会から部員3名という中、様々な苦労もあったと思いますが、個人戦での東北大会出場を勝ち取るなど、よく頑張ってきたと思います。この力を、これからは学習に向け、見事、第一志望合格を勝ち取ってもらいたいと思います。また、これからは新人チームになり、唯一の2年生である高田がリーダーシップを発揮する番となります。個人の更なる上位進出はもちろん、チームとして東北大会・全国大会へ出場できるよう頑張っていってもらいたいと思います。

開会式の様子

Tohoku01

1回戦の安達

Tohoku02

1回戦の高田

Tohoku03