004 日本海旗結果報告

2017年11月13日 (月)

平成29年10月 第14回日本海旗争奪高校剣道大会

 平成29年10月8日に酒田市国体記念体育館にて第14回日本海旗争奪高校剣道大会が行われました。この時期は県新人大会まで1ヶ月を切り、残された時間で自分たちは何をするべきなのかを確認することになります。結果は以下の通りです。詳しくは大会HP(http://www.nihonkaiki.com/)をご覧ください)

 

◎日本海旗剣道大会(Aチーム戦)

 1回戦 山形南 1(1)-0(0) 磐城(福島) で勝ち

 2回戦 山形南 3(6)-1(2) 青森(青森) で勝ち

 3回戦 山形南 1(1)-1(1) 小牛田農林(宮城) 代表戦で負け

   

総合成績

 第1位 小牛田農林(宮城)

 第2位 土浦日大(茨城)

 第3位 前橋育英(群馬),新潟明訓(新潟)

◎秋季錬成大会(Bチーム戦)    

 1回戦 シード

 2回戦 山形南 1(1)-0(0) 東北学院榴ヶ岡(宮城) で勝ち

 3回戦 山形南 2(5)-0(1) 明成(宮城) で勝ち

 4回戦 山形南 0(0)-3(3) 福島(福島) で負け

 

 Aチームは1回戦から強豪校と当たる組合せで、厳しい展開が続きましたが、勢いで試合の流れを作ることができました。しかし、実力校と比較すると確実に取れる場面が少なく、その場面が通用しなくなると苦しくなることが分かりました。県新人大会までの1ヶ月で自分たちの武器を増やし、1本が取れる場面を増やしていきます。

 

2017年2月 1日 (水)

平成28年10月 第13回日本海旗争奪高校剣道大会

10月9~10日に酒田市国体記念体育館にて第13回日本海旗争奪高校剣道大会が行われました。昨年度はベスト8に入賞したので、今年はそれ以上を目指して大会に臨みました。結果は以下の通りです。

 

◎日本海旗剣道大会(Aチーム戦)

  2回戦 山形南 1(1)-0(0) 福島(福島) で勝ち

  3回戦 山形南 1(1)-2(2) 安積(福島) で負け

 

総合成績

   優勝:酒田光陵(山形)

   2位:新潟商業(新潟)

   3位:小牛田農林(宮城),中央学院(千葉)

               

◎秋季錬成大会(Bチーム戦)

 1回戦  山形南 2(3)-2(4) 流通経済大柏(千葉) で負け

              

  

 

 試合の中で集中力が切れ、その場面で相手に一本を取られることが目立ちました。試合中は集中力を高め、最後の最後まで厳しく攻める剣道を続けることがまだできていません。県新人大会まで1ヶ月を切りましたが、さらに自分を追い込むことで精神的に強くなり優勝を目指します。

Photo


Photo_2


Photo_3

2015年10月25日 (日)

平成27年10月 第12回日本海旗争奪高校剣道大会

平成27年10月11~12日に酒田市国体記念体育館にて、第12回日本海旗争奪高校剣道大会が行われました。Aチームの「日本海旗剣道大会」と、Bチームの「秋季錬成大会」の2チームの戦績は以下の通りです。詳しくは大会HP(http://www.nihonkaiki.com/)をご覧ください。

 

◎日本海旗剣道大会(Aチーム戦)

  

1回戦 山形南 2(2)-0(0) 学法福島(福島)で勝ち

2回戦 山形南 2(3)-2(2) 秋田西(秋田)で勝ち

3回戦 山形南 1(1)-1(1) 新潟商業(新潟)代表戦で勝ち

4回戦 山形南 1(2)-0(0) 聖光学院(福島)で勝ち

準々決勝 山形南 0(1)-4(5) 小牛田農林(宮城)で負け

              ⇒ベスト8(優秀選手:冨樫春優)

                   

◎秋季錬成大会(Bチーム戦) 

  

1回戦 山形南 1(3)-2(3) 常盤(群馬) で負け

           

日本海旗 成績           秋季錬成大会 成績

優 勝 酒田光陵(山形)         優 勝 酒田光陵(山形)

第2位 小牛田農林(宮城)        第2位 中央学院(千葉)

第3位 新潟明訓(新潟)         第3位 小牛田農林(宮城)

     流経大柏(千葉)              新潟商業(新潟)

 

                                以上です

 

 昨年から2日間の開催となった日本海旗剣道大会ですが、今回初めて2日目に残ることができ、近年では最高成績(ベスト8)を収めることができました。夏場の練習の成果が出始め、選手達の自信にもつながっています。多くの練習試合や大会を通して、自分達の得意な場面、苦手な場面が明確になってきましたので、県新人大会までの1ヶ月弱で補強して、万全の態勢で臨みたいと思います。

①Bチーム戦で2本勝ちの先鋒・中嶋(1年)

Photo_5

②最後まで攻め抜いたBチーム大将・奥田(1年)

Photo_4

③優秀選手となったAチーム副将・冨樫(2年)

Photo_3

④重圧のかかる大将戦に臨む逸見(2年)

Photo_2

⑤集合写真

Photo

2014年12月 9日 (火)

平成26年10月 第11回日本海旗争奪高校剣道大会

 平成26年10月12日に酒田市国体記念体育館にて、第11回日本海旗争奪高校剣道大会が行われました。Aチームの「日本海旗剣道大会」と、Bチームの「秋季錬成大会」の2チームの戦績は以下の通りです。詳しくは大会HP(http://www.nihonkaiki.com/)をご覧ください。

 

◎日本海旗剣道大会(Aチーム戦)

  

1回戦 山形南 3(4)-0(0) 横手(秋田)で勝ち

2回戦 山形南 4(5)-0(0) 中越(新潟)で勝ち

3回戦 山形南 0(0)-3(3) 前橋育英(群馬)で負け

                      ⇒ベスト32

                   

◎秋季錬成大会(Bチーム戦) 

  

1回戦 山形南 1(1)-1(1) 下館第一(茨城) 代表戦で勝ち

2回戦 山形南 1(2)-3(6) 新潟明訓(新潟) で負け

           

日本海旗 成績           秋季錬成大会 成績

  優 勝 新潟商業(新潟)         優 勝 小牛田農林(宮城)

第2位 酒田光陵(山形)         第2位 前橋育英(群馬)

  第3位 新潟第一(新潟)         第3位 京北(東京)

京北(東京)               日大東北(福島)

 

                                以上です

 

 今回から2日間の開催となった日本海旗剣道大会ですが、残念ながら2日目に残ることができませんでした(ベスト16以上)。新チームになって徐々に試合に慣れ始めて、自分の剣道ができる場面が増えてきました。しかし、強い相手になるとそれが通用せず、また次の打開策も打てずに終わってしまうという反省点を今回の大会で得ました。いろいろな場面で一本が狙えるように稽古を積んで次を目指します。

①Aチーム戦の試合前整列

A_2