030 謙信公杯争奪高校剣道大会

2017年6月23日 (金)

平成29年度 第13回謙信公杯争奪高等学校剣道大会

 平成29年5月4日に新潟県上越市のリージョンプラザ上越インドアスタジアムにて「謙信公杯争奪高等学校剣道大会」が行われました。地区大会前最後の大会でしたが、練習試合や錬成会とは違った緊張感の中で自分の攻めや試合ができるか試しました。結果は以下の通りです。

 

男子団体

 Aチーム(福田,後藤渓,圡田,五十嵐,後藤崚)

 2回戦  山形南 0(0)-3(4) 市立太田(群馬) で負け

 

Bチーム(結城,野口,青木,中嶋,奥田)

 1回戦  山形南 2(3)-3(5) 岡谷工業(長野) で負け

 

 地区総体直前の勢いをつける試合としなければならない大会でしたが、結果は両チームとも初戦で敗退となり、目的を達成することはできませんでした。相手と一生懸命に対峙はしているものの、相手の動きをしっかり見ずに自分勝手に技を出して簡単に受けられる場面が多くありました。そのため、チャンスをなかなか作ることができずに相手のペースで試合が進み、ますます焦って得意の攻めができずに悪循環に陥りました。

地区総体まで1週間、県総体まで1ヶ月を大事に過ごし、自分達がどのような剣道をすべきか、どの場面で一本が取れるのかをしっかりと認識して大会に臨みたいと思います。

 

写真の説明

 ①初の公式戦で初勝利を収めたBチーム先鋒の結城(1年)

Photo_21

 ②相手に攻め勝ったBチーム副将の中嶋(3年)

Photo_22

 ③初戦に臨むAチーム

Photo_23

 ④足を使って果敢に攻めるAチーム先鋒の福田(3年)

Photo_24

 ⑤打ち切る技を出したAチーム次鋒の後藤渓(2年)

Photo_25

2016年5月20日 (金)

平成28年度 第12回謙信公杯争奪高等学校剣道大会

平成28年5月4日に新潟県上越市のリージョンプラザ上越インドアスタジアムにて「謙信公杯争奪高等学校剣道大会」が行われました。地区大会前最後の大会でしたが、練習試合や錬成会とは違った緊張感の中で自分の攻めや試合ができるか試しました。結果は以下の通りです。

 

男子団体

 Aチーム(福田,五十嵐,熊谷,圡田,逸見)

 2回戦  山形南 3(5)-1(3) 明和県央B(群馬) で勝ち

 3回戦  山形南 3(6)-0(1) 混成A で勝ち

 4回戦  山形南 2(4)-1(2) 東金(千葉) で勝ち

 5回戦  山形南 2(5)-1(2) 高崎商大附属(群馬) で勝ち

 準々決勝 山形南 0(1)-3(5) 前橋育英A(群馬) で負け

                    ⇒ ベスト8

Bチーム(柏倉,野口,龍崎,奥田,冨樫)

 1回戦  山形南 1(2)-2(3) 上田B(長野) で負け

 

 

 常日頃の練習で意識して出せていても、大会本番では体で覚えたものしか出せないことがよく分かった大会となりました。無意識の中でも自分の攻めや体さばきができるように大会まで反復練習を重ねていきます。


B


B_2


B_3


A


A_2

2015年5月21日 (木)

平成27年5月 第11回謙信公杯争奪高等学校剣道大会

 平成27年5月4日に新潟県上越市のリージョンプラザ上越インドアスタジアムにて「謙信公杯争奪高等学校剣道大会」が行われました。地区大会前最後の大会でしたが、地区大会と県大会を見据えてオーダーを組みました。結果は以下の通りです。

 

男子団体

 1回戦  山形南 5(10)-0(3) 糸魚川(新潟) で勝ち

 2回戦  山形南 2(3)-0(1) 石川県立工業A(石川) で勝ち

 3回戦  山形南 3(5)-1(3) 秋田A(秋田) で勝ち

 4回戦  山形南 1(2)-2(3) 高山西A(岐阜) で負け

 

 

 練習試合ではいい技が出せても、大会本番では攻めきって思い切った技が出せずに終わる試合が見られました。集中力を高め、ムードを盛り上げて自分の最高の試合ができるようにしっかり準備していきます。応援よろしくお願いします。

2014年6月 5日 (木)

平成26年度 第10回謙信公杯争奪高等学校剣道大会

 新入生5名を加えた総勢15名で5月4日(日)、新潟県上越市のリージョンプラザ上越インドアスタジアムでの第10回謙信公杯争奪高等学校剣道大会・錬成会に出場しました。県新人大会ベスト8以上は2チーム参加できる大会だったため、A,Bチームをエントリーし、大会に臨みました。男子は128チームがエントリーする大会となりましたが、戦績は以下のとおりです。

 

Aチーム

 1回戦 対 山形南A 3(3)-0(0) 秩父農工(埼玉)  で勝ち

 2回戦 対 山形南A 3(6)-1(3) 金沢市工B(石川) で勝ち

 3回戦 対 山形南A 1(3)-0(1) 前橋育英B(群馬) で勝ち

 4回戦 対 山形南A 0(0)-2(2) 屋代A(長野) で負け

  

Bチーム

 1回戦 対 山形南B 3(7)-1(2) 長岡(新潟)    で勝ち

 2回戦 対 山形南B 0(2)-1(4) 金沢市工A(石川) で負け

 

 

 今回の大会はチャンスで一本を取ることが課題でありました。しかし、技が出るものの一本にすることができず、悔しい思いをする場面が見られました。無意識で出る技が一本になるよう、まだまだ反復練習の必要性を感じました。残りの期間で伸ばせる部分を最大限に伸ばし、万全の状態で県大会に臨みます。

2013年5月14日 (火)

平成25年度 第9回謙信公杯争奪高等学校剣道大会

★平成25年5月4日(土)

 新入生6名を加えた総勢16名で5月4日(土)、新潟県上越市のリージョンプラザ上越インドアスタジアムでの第9回謙信公杯争奪高等学校剣道大会・錬成会に出場しました。県新人大会ベスト8以上は2チーム参加できる大会だったため、A,Bチームをエントリーし、大会に臨みました。男子は131チームがエントリーする大会となりましたが、戦績は以下のとおりです。

 

Aチーム

 2回戦 対 南砺福野B(富山) 0(0)-2(3) 山形南A で勝ち

 3回戦 対 樹徳A(群馬) 1(2)-2(4) 山形南A で勝ち

 4回戦 対 星稜A(石川) 1(5)-0(4) 山形南A で負け

 

Bチーム

2回戦 対 飯田(長野) 2(4)-1(2) 山形南B で負け

 

  錬成会や大会では、先に一本取りながらその後に取られる場面が多く見られ、まだまだ試合運びに問題があると感じました。常に攻める気持ちは変えず、自分が置かれた状況を考えながら試合運びをするのは難しいです。しかし、勝ち上がる強豪校はチームでの勝利を第一に考え、冷静に自分の役割を遂行する強い精神力を持ち合わせています。常日頃からさまざまな場面をイメージし、緊張感を持って取り組むことで、今まで以上にメンタルも鍛えていきます。

 また、今回は1年生の活躍も目立ち、自分の目指す剣道を必死に追い求めながら試合を積んでいく姿勢が見られました。お互いに切磋琢磨して刺激し合い、今後大いに成長するのを楽しみにしています。

先鋒 鈴木達也

Photo_4

次鋒 矢田目清樹

Photo_5

2012年5月 9日 (水)

平成24年5月 第8回謙信公杯争奪高等学校剣道大会

★平成24年5月4日(金)

4月25日(水)に部活動登録があり、剣道部にも4名の新入生を迎えました。例年に比べて少ない人数ですが、全員熱意があり、今後の成長が楽しみな生徒ばかりでした。これからの南高剣道部を背負っていく4人に大いに期待しています!

その新入生4人を加えた総勢16名で5月4日(金)、新潟県上越市のリージョンプラザ上越インドアスタジアムでの第8回謙信公杯争奪高等学校剣道大会・錬成会に出場しました。県新人大会ベスト8以上は2チーム参加できる大会だったため、A,Bチームをエントリーし、大会に臨みました。戦績は以下のとおりです。

Aチーム

1回戦 

対 糸魚川高校(新潟)1(2)-1(2)山形南

                  代表決定戦で負け

   

Bチーム

1回戦

対 野沢南高校(長野)0(1)-3(7)山形南 で勝ち

2回戦 

対 前橋育英A(群馬)3(6)-1(3)山形南 で負け

                           の結果でした。

 前に出て「勢い」をつけ、チーム全体で盛り上げることができなかったのが敗因でした。一本を決める貪欲さと、相手に向かっていく勇気を日頃の稽古で鍛え、地区大会や県大会で結果が残せるように精進していきます。山形県内の高校も何校か出場され、男子では米沢中央高校が準優勝、女子では山形城北高校が優勝(二連覇)という結果でした。どの学校も必死で県大会に向けて努力されていることが伝わり、大いに刺激を受けました。精神面、技術面共に尚一層の努力が必要であることを痛感し、気持ちを新たに頑張っていきます。

Photo_6 Photo_7

Photo_5