« 2016年12月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月24日 (金)

平成29年1月 鏡開き

平成29年1月2日に山形南高校剣道場で毎年恒例の「稽古初め・交流試合・3年生のOB会入会式・鏡開き」が行われました。今年からOB会総会がこの日の午後に行われることになりましたが、午前の稽古にも多くの先輩方が参加して下さいました。以下が当日の様子です。

 

※今回は現3年生の4名がOB会に入会しました。

  逸見和永,冨樫春優,熊谷周作,龍崎史弥

 

①板垣OBのご挨拶を聞く現役生徒

Ob


②交流試合に臨むOB

Ob_2


③交流試合を観戦するOBや保護者

Ob_3


④白熱する交流試合(次鋒戦)

Photo_3


⑤ようやく現役生徒が一本を取った中堅戦

Photo_4


⑥5(7)-3(5)でOBの勝利(13人戦でした)

5735ob13


⑦交流試合の後の合同稽古

Photo_5


⑧千葉OBの話を熱心に聞くOBと現役生徒

Obob


⑨山口OB会長の激励を受ける現役3年生

Ob_4


⑩今後の目標を述べる3年生

Photo_6


⑪3年生にエールを送るOBや1,2年生

Ob_5


⑫OB会入会式での集合写真

Ob_6


平成28年12月 平成28年度紅花旗争奪高校剣道大会

平成28年12月25日に山形市総合スポーツセンターにおいて、紅花旗争奪高校剣道大会が行われました。北は北海道から南は関東まで全国から強豪校が集う大会です。戦績は以下の通りです。(詳しくは山形県剣道連盟HPに掲載

http://www.yamagata-kendo.net/koutairen/H28/H28_beni_resalt_tournament.pdf

 

 

 ◎男子団体

  

1回戦 シード

2回戦 山形南 0(0)-1(2) 川口北(埼玉) で負け

                     

 

総合結果

 1位 新潟商業(新潟)

 2位 中央学院(千葉)

 3位 山本学園(山形)

    能代(秋田)

 

 

 しっかり攻め勝ち、一本一本の技を打ち切ることができずに初戦で敗退しました。どんな大舞台でも前に攻め続ける試合ができなければ勝ち上がることはできません。技術よりも精神的な弱さが多くの選手に見られたため、今後は自分を追い込んで「甘さ」を克服できるように鍛錬していきます。

①攻め続ける先鋒の奥田(2年)

Photo


②一本を狙い続ける副将・圡田(2年)

Photo_2


2017年2月 2日 (木)

平成28年11月 平成28年度山形県高等学校新人大会

11月5~6日に山形市総合スポーツセンターにて平成28年度山形県高等学校新人大会剣道競技が行われました。優勝校は全国選抜大会、3位以内の学校には東北選抜大会への出場権が与えられます。山形南高校は4年振りの優勝を目指して大会に臨みました。結果は以下の通りです。

 

◎男子団体

 予選リーグ

   山形南 4(6)-1(1) 山形市立商業 で勝ち

   山形南 2(4)-2(3) 長井 で勝ち

                 ⇒予選リーグ1位で決勝トーナメント進出

 決勝トーナメント

 1回戦 山形南 3(4)-0(0) 鶴岡東 で勝ち

                 ⇒決勝リーグ(4校)に進出

 決勝リーグ

   山形南 1(1)-1(1) 山形工業  代表戦で勝ち

   山形南 1(1)-1(1) 山本学園  代表戦で負け

   山形南 2(3)-1(1) 酒田光陵  で勝ち

                    ⇒勝者数差で準優勝

 

総合成績

   優勝:酒田光陵

   2位:山形南

   3位:山本学園,山形工業

               

◎男子個人

  福田直人(2年)・・・準優勝

  圡田貴明(2年)・・・ベスト32

  五十嵐洋介(2年)・・・ベスト32

  青木一磨(2年)・・・ベスト32

  後藤渓吾(1年)・・・ベスト32

 

 

 新チームになってから、この大会で優勝するために稽古を積んできましたが、あと一歩の所で涙を飲みました。この悔しさを2月の東北選抜大会で上位に進出することで晴らし、来年度のインターハイ出場へつなげていきます。

また、ご指導下さった先生・先輩方、応援して下さった方々に感謝申し上げます。

 

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


平成28年10月 第9回上毛新聞社旗争奪高校剣道大会

10月30日にALSOKぐんま総合スポーツセンターにて第9回上毛新聞社旗争奪高校剣道大会が行われました。今年初めて出場する大会ですが、県新人大会の直前の大会で勢いをつけることを目的に遠征しました。結果は以下の通りです。

 

◎男子団体

  2回戦 山形南 3(3)-0(0) 大宮東(埼玉) で勝ち

  3回戦 山形南 5(8)-0(1) 荏田(神奈川) で勝ち

  4回戦 山形南 0(0)-3(4) 佐野日大(栃木) で負け

                             ⇒ベスト16

 

総合成績

   優勝:佐野日大(栃木)

   2位:前橋育英(群馬)

   3位:仙台育英(宮城),前橋(群馬)

               

 

 これまでは初戦の戦い方に課題が多くありましたが、今回は集中力を高めて最初から1本をねらう剣道ができていました。ただし、相手が全国レベルの強豪校になると自分のペースで試合運びができなくなり、主導権を握られる場面が多くなりました。

大会本番での戦い方を選手自信が分かってきて、結果が伴ってきました。来週の県新人大会では優勝して、3月の全国選抜大会の出場を果たします。

2017年2月 1日 (水)

平成28年10月 第13回日本海旗争奪高校剣道大会

10月9~10日に酒田市国体記念体育館にて第13回日本海旗争奪高校剣道大会が行われました。昨年度はベスト8に入賞したので、今年はそれ以上を目指して大会に臨みました。結果は以下の通りです。

 

◎日本海旗剣道大会(Aチーム戦)

  2回戦 山形南 1(1)-0(0) 福島(福島) で勝ち

  3回戦 山形南 1(1)-2(2) 安積(福島) で負け

 

総合成績

   優勝:酒田光陵(山形)

   2位:新潟商業(新潟)

   3位:小牛田農林(宮城),中央学院(千葉)

               

◎秋季錬成大会(Bチーム戦)

 1回戦  山形南 2(3)-2(4) 流通経済大柏(千葉) で負け

              

  

 

 試合の中で集中力が切れ、その場面で相手に一本を取られることが目立ちました。試合中は集中力を高め、最後の最後まで厳しく攻める剣道を続けることがまだできていません。県新人大会まで1ヶ月を切りましたが、さらに自分を追い込むことで精神的に強くなり優勝を目指します。

Photo


Photo_2


Photo_3