« 学習合宿 | メイン | 筑波研究学園都市研修 »

高大連携実験講座

 今年度も山形大学理学部の先生方にご協力をいただき、「高大連携実験講座」を1年生を対象に行いました。計3回の開催で、日時、内容、指導していただいた先生等は以下の表のとおりです。 

実施日時

分野

指導担当者

テーマ

8月22日(火)

化学

栗山恭直教授

ろうそくの化学 ~実験の条件設定を考える~

8月30日(水)

物理

大西正彰教授

光の性質を調べてみよう ~光の回折と干渉~

9月 7日(木)

生物

渡邉明彦教授

動物の細胞とその構造を観る

  今年も全員、興味・関心を持って先生の話に聞き入り、かなり試行錯誤を繰り返しながら実験・実習に取り組みました。事後のアンケートでもその充実ぶりがうかがえました。

 

 以下にそれぞれの講座の様子を紹介します。

 

第1回 8月22日(火) <化学分野>

Photo 実験に入る前の説明。注意深く耳を傾けます。

Photo_2 まずは燃やしてみよう。消えるまで何秒かかる?

Photo_3 濡れ雑巾でガス交換できないようにしてみました。

Photo_4 内部温度の上昇を抑えることも必要ではないの?

第2回 8月30日(水) <物理分野>

Photo_5 まずは実験の目的をしっかり把握します。

Photo_6 装置のセッティングにおいて大切なことは・・・。

Photo_7 観察データを正確にスケッチします。

Photo_8 観察結果を論理的に説明してみましょう。

第3回 9月7日(木) <生物分野>

Photo_9 生体の構造を確認します。

Photo_10 歯磨きではありません。頬粘膜の採取です。

Photo_11 サンプルをしっかり付着させなければ・・・。

Photo_13 あれっ? 試薬が入ってないぞ!