« 筑波研究学園都市研修 | メイン | 第2回理数科集会 »

課題研究(中間発表会・学校説明会)

 2年生の課題研究が進む中、9月7日に「中間発表会」を行いました。“中間”とはいうものの年間実施予定時間の6割が経過した段階ですからデータもそれなりに揃っており、なかなか充実した発表会となりました。今年もユニークな研究テーマが多く、参加者(2年生のみ)は興味深く発表に聴き入りました。なお、中間発表ではスライドなしの口頭による発表のみ(資料は提示されます。)を基本スタイルにしています。以下は発表順の各グループの「研究テーマ」一覧です。

 

発表順

分野・班

研究テーマ

物理1

塩水振動の同期現象の考察

生 物

食虫植物について

化学3

山形市周辺の温泉成分を調べる

化学4

被災文化財の修復

数学1

数列のアルゴリズム

化学1

天然色素と金属イオンの関係

物理2

メトロノームの同期現象の考察

数学2

オセロに有利不利はあるのか

化学2

最強のシャボン玉生成PART2

 

 発表会終了後、参加者にどのグループの発表がよかったかアンケート調査を行い、「食虫植物について」、「被災文化財の修復」、「メトロノームの同期現象の考察」の3件が学校説明会において中学生およびその保護者の方々向けに発表することとなりました。

 

 以下は発表会の様子です。

Photo ① 発表会直前、司会者の打ち合わせのひとコマ。

Photo_2 ② 塩水振動グループ トップバッターは緊張する・・・。

Photo_3 ③ 食虫植物グループ 鋭い質問が出されました。

 Photo_4 ④ 温泉グループ スライドを使っての説明

Photo_5 ⑤ 被災文化財グループ 修復とはどんなことかの説明

Photo_6 ⑥ アルゴリズムグループ 並べ替えの原理を説明しています。

Photo_7 ⑦ 天然色素グループ こんな風に染まります・・・。

Photo_8 ⑧ メトロノームグループ ここでは多くの質問が出されました。

Photo_9 ⑨ オセログループ まずは4×4で検証しました・・・。

Photo_10 ⑩ シャボン玉グループ 先輩方の後を継ぎました。

 引き続き、10月14日(土)に南高記念講堂を会場に行われた「中学生・保護者対象の学校説明会」における「理数科課題研究発表」の様子です。ここではスライドを使って説明をしました。ほぼ満席の参加者を前に、緊張しながらもしっかり説明をすることができました。

 

Photo_11 ⑪ メトロノームの同期現象は、不思議なのです。

Photo_12 ⑫ 被災文化財の実態を紹介しました。これを何とか修復したい。

 

Photo_14 ⑬ 食虫植物はこのようにして食虫しています。