010 東日本バレーボール大会 Feed

2012年5月 9日 (水)

平成24年4月 第25回東日本選抜高校バレーボール大会

5月3日(木)~6日(日)仙台大学を会場として開催された「第25回東日本選抜高校バレーボール大会」に参加してきました。昨年度は東日本大震災のため、急遽山形南高校と山形中央高校で開催された大会でしたが、今年は仙台大学の素晴らしい体育館をお借りしての大会となりました。インターハイ常連の東日本を中心とした強豪高校14チームが集まり、技術を競い合いました。 

我がチームは、新しいフォーメーションに変更して間もない大会でした。全国の強豪校と善戦はしてもなかなか勝ちきれず20点以降の点数の取り方が課題となりました。しかし、この新フォーメーションに十分手応えを感じた大でもありました。この大会で浮き彫りとなった課題を克服し、1が月後に迫った県大会に臨みたいと思います。

<大会参加チーム>

深谷高校(埼玉)、

足利工業大学附属高校(栃木)、

橘高校(神奈川)、

雄物川高校(秋田)

桐生市商業高校(群馬)、

東京学館新潟高校(新潟)、

日本航空高校(山梨)、

長野日大高校(長野)、

日本大学土浦高校(茨城)、

高岡第一高校(富山)、

東北高校(宮城)、

不来方高校(岩手)、

山形中央高校(山形)、

山形南高校(山形)

Photo_9

2011年5月12日 (木)

平成23年5月 東日本バレーボール大会

 53~5日まで山形中央高校と山形南高校を会場に東日本バレーボール大会が開催されました。当初は仙台大学で開催の予定でしたが、東日本大震災で会場使用が困難となり、急遽山形で開催されました。西は長野、関東地区の強豪校、東北地区から15チームが集まり、技を競い合いました。

 

我がチームは、セッターが怪我で抜けた穴が大きく、思うようなゲームを展開できず、毎日苦しい戦いでした。個人技術の低さを思い知らされました。セッターが安定しないと全てが狂ってしまい、どうしようもないこんな現状です。

3年生を中心に奮起を期待します。

たくさんのチームが来校しました

Photo_18

東日本バレー大会でのひとこまです

Photo_17

深谷高校の主力選手です

Photo_16

強い うまい

Photo_15

深谷高校の選手諸君が復興支援Tシャツを着てくれました

Photo_14

セッターの怪我は大きかった。苦しい戦いが続きます。

Photo_12

ほっと一息

Photo_13

手前が山南奥が相馬高校です。震災にも負けないでがんばってます

Photo_11